1番のメリットは信頼性の高さ

ハウスメーカーにマイホームの建築を依頼することの1番のメリットは企業の信頼性にあるといえるでしょう。大手のハウスメーカーであれば倒産の危険性も少なく建築に関する経験も豊富です。建築後に欠陥がみつかった場合、小さな工務店では責任逃れや倒産などの心配がありますが、大手企業であれば保証の面でも安心です。万が一、手抜き工事や欠陥住宅等が発覚した場合は大きな社会的リスクを伴うので、総体的ににそのような不具合は少ないと考えて良いでしょう。さらにメンテナンスや無料修理期間などのしくみも充実している企業が多く、定期点検等で定期的にしっかりと家全体を確認してもらうことができます。このようなことから高い安全性や信頼度のあるハウスメーカーを選択する方が多いといえます。

コストパフォーマンスの良さもポイント

ハウスメーカーは規格住宅であるため自由で個性的な設計の家を望む場合には不向きかもしれません。しかし建て主の様々な要望に沿うような仕様やデザインは多く揃っているので、その中から自身の希望のものを選択することはそう難しくないでしょう。ハウスメーカーは住宅を規格化し、建材等は一括で大量に仕入れています。設計面での自由度は多少低くなりますが、品質は安定しておりコストパフォーマンスの点でのメリットはとても大きいといえます。また建築士やインテリアコーディネーターも多数いるため、規格住宅であってもセンスあるデザイン性を多く取り入れることは可能です。中小の工務店に比べると住宅ローンが組みやすいのもメリットの1つといえるでしょう。

誰かに気を使うことも無く、あなたとあなたの家族の希望と夢を反映させることができる住宅、それが新築一戸建て住宅です。