コスパの良さと地域密着による配慮と信頼

注文住宅を考えたとき、ハウスメーカーと工務店のどちらに頼むといいのか迷いますが、工務店にはコストパフォーマンスが良いというメリットがあります。工務店はハウスメーカーに比べて小規模なところが多く、広告宣伝費や人件費などの上乗せがなく管理コストが安くなり原価に近い金額での施工が可能です。建材などの大量生産や大量仕入れはできませんが自社で安く仕入れた建材を使うことができます。オプションがほとんどなく追加費用がないので費用がわかりやすいことも良い点といえるでしょう。こだわりたい部屋とシンプルな造りにしたい部屋などコストにメリハリをつけることも可能です。 工務店は地域密着型が多く、地域の気候風土や交通事情など地域にいるからこそわかる事情を細かく理解していて生活環境に配慮した施工をするというメリットもあります。その地域で営業して信頼を築いているので安心して施工を任せることができるでしょう。

自由度が高く融通がきくので個性的な家づくりが可能

工務店に依頼すると複雑な土地や狭い土地でも対応してくれ、建築資材や設備を商品化しているところが少ないので間取りや構造、外観の自由度が高く融通がきくというメリットがあります。施主のいろいろな要望に柔軟に応えることができ、家づくりの細かなところまで工務店と一緒に決めるので、まさに自分の家をつくるという感覚を持てるのが魅力です。工務店には施工上の制約が少ないのでハウスメーカーでは難しいような木造の吹き抜けなども構造的に問題がないようにして対応できます。 設計事務所と提携して最新のデザインにこだわったり、昔ながらの家づくりにこだわったり工務店の社長や経営陣の考えが反映されることが多くありますが、独自のデザインで個性的な家づくりをしたい人には工務店で行うのが理想的といえるでしょう。

分譲住宅は、土地と建物を一緒に販売する家屋です。同一区画内に同じコンセプトで建てられるケースが少なくありません。