効率よく家づくりができる

ハウスメーカーでは、間取りや構造、そして施工方法や建材などを規格化したり、マニュアル化したりして効率化と品質の安定化を図っています。そのため、工事や打合せの期間が短いという特徴を持っています。一方で、標準仕様から外れた要望に対しては、多くの追加費用がかかったり、対応できないといったケースもあるようです。また、ハウスメーカーでは営業担当が基本プランの作成やスケジュール管理、予算計画などを進めていきます。ローンや契約、登記関係のサポートなども行ってくれるため、施主の負担は少ないと言えるでしょう。 設計担当者やインテリアコーディネーターが設計や内装の詳細を詰め、工事担当者が着工から引き渡しまでの段取りを行うといったように、社内で各部署がスムーズに連携されていきます。

実物を確認して判断できる

ハウスメーカーは、住宅展示場にモデルハウスを建てており、そこでそのメーカーの特徴を掴むことができます。打合せの際に実物を確認したり、参考にしたりもできるようになるでしょう。契約する前に実物を確認できるのは、ハウスメーカーならではのメリットと言えます。設計事務所の場合、施主に合わせてひとつひとつの物件に対応していくため、モデルハウスなどで実物を確認することはできません。また、ハウスメーカーは数多くの住宅を手掛けているため、現場案内会と称して、施主の了解を得た物件を、施工途中に見学できる場合もあります。工事現場の様子や、近隣に対して配慮できているかどうかなどをチェックし、契約前に様々な観点から検討できるようになります。